このエントリーをはてなブックマークに追加

暑さと紫外線・日焼け対策

紫外線とは

英語ではUltraviolet(ウルトラバイオレット) 紫外線は目に見えず、熱なども感じないことから長らく発見されませんでした  紫外線は物質へ与える化学変化が大きいことから、 人体に大変悪影響を与えることが分かり、 最近では日差しの強い時期には紫外線に注意するよう喚起されています 女性はお肌のケア頻度が 高いことから日頃から日焼けに注意し紫外線予防をしていますが、子供や男性は気にしない方が多いので特に注意が必要です
Yahoo!全国紫外線指数などでゴルフに行かれる時や 日常でもチェックを心掛けましょう

UV-A
UV-Aでの日焼けはそれほど皮膚を赤くせず、黒い色素沈着を起こします。これが後々のシミやシワの原因となります。 また、UV-Aは窓ガラスでは遮断できないので、車や家の中まで届いてしまいます。
UV-B
肌の内部の真皮にまで届き、浴びた直後から肌をヒリヒリと赤くさせ、 ひどいときには皮がむけたり水泡ができることもあります。こちらはシミやシワだけではなく皮膚がんの原因にもなります。
UV-C
オゾン層でほぼ100%カットされてしまう光線なのだが、最も危険で殺菌光線とも呼ばれる。 影響としては皮膚ガン白内障を引き起こすことで知られる、将来的に温暖化やオゾンホール拡大が進んでいけば脅威になることは間違いない。

日焼け対策

日焼け対策をすることは、すなわち紫外線予防になり、基本的には太陽光を直接受けないことが大事になってきます  しかしゴルフは長時間の屋外スポーツです、とても避けられる事は出来ません そこでもっとも効果的なのは 日焼け止めでしょう、肌が露出している部分は必ずムラがないように塗布するようにしましょう

日焼け止め選びは、SPF(UV-B防止効果の数値)とPA(UV-A防止の目安)が出来るだけ高い物を選びましょう  当然数値が高い物は値段も高くなってしまいますが、ゴルフは1ラウンドで5,6時間とかなりの長時間に渡ります、 最低でもSPF(何もしていない状態から比較して日焼けする時間をどれだけ引き延ばせるかを示す数値)は注意して選びましょう


ブリヂストン スポリウム 日焼け止めローション

暑さ対策も兼ねて、帽子は被りましょう

夏ゴルフでの帽子着用の重要性は言うまでもありませんが、中には軽く考えている方もおられるのではないでしょうか  帽子を被ることで、無防備な顔への直射日光を遮り、有害な紫外線から護ってくれるだけでなく、 体温上昇にもかなり役立ってくれているのです

帽子のタイプ的には通常のキャップタイプの物よりも首の後ろもカバーしてくれるハット型が効果的でしょう  今では余り見かけなくなった麦わら帽子ですが、実はあれが一番暑さ対策には有効なのです  最近ではストローハットと呼びお洒落な麦わら帽もありますので、探してみてはどうでしょか?

ツイッターリスト
ページの先頭へ