このエントリーをはてなブックマークに追加

WORKS GOLF ワークスゴルフ

飛距離に飽くなき情熱を持つワークスゴルフ。今ではドラコン大会にはワークスのドライバー使用者が上位独占。

ワークスゴルフロゴ
http://www.worksgolf.jp

WORKS GOLF

ワークスゴルフ

ワークスゴルフの歴史

創業は1998年12月、今では飛びの代名詞として知られるワークスゴルフですが、当初はゴルフ用品を取り扱う専門商社でした。その後「ゴルフクラブへの飽くなき追求」のもと、クラブ製造販売へシフトし順調とまでは行かないものの次第にワークスゴルフが求める「飛び」への評価を得ていきました。

2004年に発売されたアルティマイザーV-01はドラコン日本選手権で総合使用率1位を樹立し、その後もドラコンの世界では圧倒的な実績を誇っている。ドライバーに注目されるワークスゴルフだがアイアンやパターなどの製造も行っており、中でもシャフトには高い評価があり、ワークスゴルフの「挑戦と革命」が受け継がれている。

ワークスゴルフ使用選手

小達敏昭
平均飛距離350ヤード、ドライビングコンテストの常連
山田勉
元ヤクルトスワローズの投手
小池丈晴
田中宏明
自身も開発部長としてワークスの飛距離を追い求める
児玉克彦
スコット・スミス(Scott A. Smith)
現公式世界記録539ヤードの持ち主

契約プロ情報

記事はありません。

ツイッターリスト
ページの先頭へ