このエントリーをはてなブックマークに追加

NICKENT GOLF ニッケントゴルフ

ニッケントゴルフ(NICKENT GOLF)はアメリカで人気急上昇のゴルフメーカーです。特にユーティリティーは使用率も高く評判が高い。

ニッケントゴルフロゴ
http://www.nickent.jp/

NICKENT GOLF

ニッケントゴルフ

ニッケントの歴史

ユーティリティクラブに高い評価があるNICKENT GOLF(ニッケントゴルフ)だが、ゴルフメーカーとしての歴史はまだ10年程度と日が浅い。創業者であるマイケル・リー氏は台湾のケントワールドというゴルフクラブのコンポーネントメーカーへ就職しOEMを担当していた。その業務を通じて「高級仕様のクラブをもっと安くできる」ことを学び、1996年に独立しニッケントゴルフ(NICKENT GOLF)を創業させたのです。

2004年にはネイションワイドツアーでニッケントのユーティリティクラブ『3DXアイアンウッド』の使用率が一気に上昇し、それを使用しているプレイヤーが次々と勝利を挙げた。また「パイプパター」と呼ばれる独特の形状を持つパターも注目を集めゴルフメーカーとしては大躍進中である。日本ではクリエイトプロダクト社がニッケントゴルフの国内総販売契約している。

クラブデザイナー、ジョン・ホフリッチと契約

ニッケントゴルフは2005年にトミーアーマー845アイアン、タイトリストDCI、テーラーメイド300アイアン、RACアイアンなど大ヒットしたクラブを送り出してきたクラブデザイナーのジョン・ホフリッチと契約。歴史は浅いゴルフメーカーだがトップメーカーを脅かす存在になりつつある。

ニッケントゴルフ契約プロ

2005年度のUSツアーで130名以上のプロが使用してますが、彼らには一切契約金を払っていないのがニッケントの最大の特徴。

契約プロ情報

記事はありません。

ツイッターリスト
ページの先頭へ