このエントリーをはてなブックマークに追加

MASUDA GOLF マスダゴルフ

「当たり前のことを当たり前だと考えない」マスダゴルフのポリシーはクラブ作りに脈々と感じられます。最近はドラコン競技でもマスダ使用者が名前を上げてきています。

マスダゴルフロゴ
http://www.masdagolf.com

MASUDA GOLF

マスダゴルフ

マスダゴルフの歴史

MASUDA(マスダ)は自動車の金型関係のエンジニアからクラブデザイナーに転身した増田雄二氏が設立しました。パターで一世風靡した「WOSS」の製作者でその後も尾崎将司プロが立ち上げた独立クラブメーカー「TMJ」のチーフデザイナーとしてジャンボ尾崎の黄金期を支えた。

2002年に尾崎氏が破綻し民事再生法を受けた影響もありTMJ解散する。その後は自分自身の信じる「理想のクラブ作り」のためクラブデザイナーとして独立。TMJ時のツアースタッフ3人と共に「マスダゴルフ」を設立しました。

オープンフェイス

マスダゴルフ製品の総販売元は有限会社オープンフェイスになり、代表を務めるのは小林一人氏で「ゴルフ未来研究所/ゴルフトゥデイ」「坂田信弘のゴルフ進化論/アルバトロス・ビュー」「術のゴルフ/ゴルフレッスンコミック」「伝説のレッスン/ゴルフパートナー会員誌Com.」「ゴルフの毒/季刊ゴーゴル」など監修、執筆がありゴルフジャーナリストとして有名です。

増田哲仁

ひょっとすればティーチングプロ増田哲仁という名前の方が有名なのかもしれません。同じ増田なのでピンと来る人もいるのでは?そう「マスダゴルフ」の設立者である増田雄二氏の兄にあたるのが増田哲仁氏であります。様々なゴルフ雑誌でのレッスンや自身の著書も数多くあります、「GOLF TODAY」で連載のゴルフ未来研究所シリーズでは漫画も交え、分かり易く増田理論を展開しています。女子ゴルフファーの佐々木慶子プロとは師弟関係になります。

契約プロ情報

記事はありません。

ツイッターリスト
ページの先頭へ