このエントリーをはてなブックマークに追加

茨木カンツリー倶楽部

茨木カンツリー倶楽部のゴルフ場ガイド。

兵庫県にある鳴尾ゴルフ倶楽部と並んで西の二大名門と知られる茨木カンツリー倶楽部、同じく社団法人のゴルフ場となります。開場は1924年で、大阪の財界人が集まって造られた名門。現在の日本プロゴルフ選手権の前身となる「全国プロフェッショナルゴルファーズ優勝大会」という日本初のプロゴルフ競技が開催された事でも知られ、宮本留吉氏が所属していました。

東コースは1931年に名匠チャールズ・H・アリソン氏による改修が行われており、戦略的な名ホールが数多く存在する。西コースは1960年に井上誠一氏による設計で誕生した新コースで、東が柔なら西は剛と評されている。

交通アクセス

名神高速道路/茨木ICより3km
茨木ICの料金所を出てすぐ左折し、名神高速をくぐってすぐ左折する。そのまま名神沿いに約900m直進し、三差路(弁天宗入口)を左折して約100m直進し、再び三差路を右折する。道なりに進んで約1㎞でコース。

ツイッターリスト
ページの先頭へ