このエントリーをはてなブックマークに追加

箕面ゴルフ倶楽部

開場は昭和35年、上田治氏設計という「箕面ゴルフ倶楽部」のゴルフ場ガイドです。

2010年の開場50周年に向けて各ホール順次改造やワングリーン化を行なっている。都市近郊型の丘陵コースで設計はあの上田治氏です。3つの池を中心にした盆地の中に展開しており、自然の地形を利用しているので、多少の起伏はある。

アウトは出だしのロングに続く、2・3・4番のミドル3ホールがスコアのカギ。インはアウト同様打ち上げ、打ち下ろし、池越え、谷越えなどがあり、変化に富んだ構成となっている。15・16・17番は樹齢100年以上の見事な松林に囲まれた雄大なホール。

大阪市内から車で40分程度というアクセスの良さだが、メンバーコースで地元密着型のゴルフ場になる。基本的にキャディ付きプレイで、料金は土日の料金設定が高めになっている。平成16年には乗用カートが導入されています。

交通アクセス

阪神高速道路/川西小花ICより9km
《一般道利用の場合》国道176号を宝塚方面へ向かい池田駅前を右折、そのまま直進し、五月山公園入口へ入る。《阪神高速利用の場合》11号池田線、川西小花ICを出て、一つ目の信号を右折、橋を渡って二つ目の信号を左折しすぐに一つ目の信号を右折し直進する。突き当たりを左折、そのまま五月山公園道路に入る。五月山公園入口で入園料として300円必要。

ツイッターリスト
ページの先頭へ