このエントリーをはてなブックマークに追加

京都大原パブリックコース

リーズナブルな料金設定とパブリックが魅力な「京都大原パブリックコース」のゴルフ場ガイドです。

昭和45年に開場のパブリックコース。京都大原の山々に囲まれ、起伏は若干あるタイプの山岳コースで設計は阿部恒雄氏。距離は長くはないが、川越え谷越えなど様々な変化もあって、飛ばしよりも正確さが優先されるので思った以上に難易度を感じる。

アウトはアップダウン、ドッグレッグも多いのでOBには注意が必要。4番が難ホールでフェアウェイを川がクロスしている。第二打が川越えとなるのだが、無理をして川に入れてしまう人が多い。インはショートホールの難易度が高めなのが特徴。

セルフプレーのみで料金は安い。京都市から30分圏内でアクセスは良く、京都市に位置するが琵琶湖からもほど近く滋賀県からのアクセスも便利な位置にある。

交通アクセス

湖西道路/真野ICより12km
名神高速道路・京都東ICの料金所を出てすぐに左に入る。国道1号線に合流、すぐに左へ曲がり国道161号線(西大津バイパス)へ。そのまま湖西道路へ入り真野ICで降りる。国道477号線を京都方面に進み、国道367号の高架をくぐったら右折、次の信号を左折して国道367号線に入り大原方面へ。途中トンネルを通過してコースへ。

ツイッターリスト
ページの先頭へ