このエントリーをはてなブックマークに追加

くまもと阿蘇カントリークラブ湯の谷コース

熊本県では一番古いゴルフ場であるくまもと阿蘇カントリークラブ湯の谷コース(旧熊本ゴルフ倶楽部)。手造り感のある味わい深いコースは歴史を感じさせてくれます。

熊本県阿蘇郡にあり、開場が昭和27年と歴史ある熊本の名門コース。保田与天氏と井上 誠一氏が設計を手掛け、監修に坂田信弘氏が担当している。標高650mに位置し阿蘇国立公園のなかに展開している18ホール。自然のアンジュレーションが残され、ボールのライに応じた繊細なショットが要求され距離はあまりないが難易度は高め。名物ホールにアウトの3番「馬の背」など。

交通アクセス

九州自動車道/熊本ICより28km
熊本ICを阿蘇方面に降り、熊本東バイパス・菊陽バイパスを経て国道57号線を阿蘇方面に向かう。JR豊肥本線に並行して往時参勤交代名残りの名所・大津街道松並木を経て、阿蘇外輪山へと進み、赤水駅手前を案内に従い右折し、阿蘇山観光道路を経てコースへ。

ツイッターリスト
ページの先頭へ