このエントリーをはてなブックマークに追加

門司ゴルフ倶楽部

門司ゴルフ倶楽部は昭和9年の開場と大変歴史あるゴルフ場。アントニン・レーモンド氏設計のクラブハウスは名誉あるBELCA賞ロングライフ部門を受賞しているなど、圧倒的風格を持つ。

当時の風情をそのまま感じさせる歩行プレイはゴルフの原点を味わっていると言ってもいい。上田治氏設計でコース戦略度は申し分なし。グリーンは小さめの高麗芝で、アリソンバンカーに囲まれており視覚的にもプレッシャーを与えている。

交通アクセス

九州自動車道/門司ICより9km
山口県から中国道利用の場合 、門司ICで降り、県道25号線に出て小倉に向かい、ゴルフ場前バス停を右折しコース。または国道2号線から関門トンネルを経て、北九州道路・春日IC前から県道25号線に。福岡からは北九州道路か、九州自動車道・小倉東ICを利用。

ツイッターリスト
ページの先頭へ