このエントリーをはてなブックマークに追加

筑紫野カントリークラブ

福岡県筑紫野市にある「筑紫野カントリークラブ」、攻める面白さ、攻め返される手応えと、四季の豊かな表情を感じながらのプレーを楽しめる。

設計は往年の日本アマチュア界の重鎮、三好徳行氏が担当。「プレーヤーに高度の技術を要求するコース」をテーマに楽しめる仕上がりになっている。全体になだらかな起伏、ホール自体はフラットでフェアウエイの幅もたっぷりある丘陵コースです。アウトは池が多いのが特徴で、難度の高い池越えが待ち受ける。その他打ち上げ、打ち下ろしと変化に富み、気を抜くと大きくスコアを崩しやすいレイアウト。

インはゆるやかに下るホールが多く、11番はグリーン右手前に大きく池が迫り出しています。距離も残りがちなので、2打目に苦労するプレーヤーが多いようです。13番は左右に曲がりのあるホールでプレーヤーからは親しみを込めて「うなぎの寝床」と呼ばれている。

セルフプレーにも対応しおり、料金的にもまずまずでバランスが取れている。福岡博多からは1時間圏内でアクセスは良い。姉妹コースに同じく福岡県の玄海ゴルフクラブがある。

交通アクセス

九州自動車道/太宰府IC・(水城)より12km
九州自動車道/筑紫野ICより10km
福岡市内からは都市高速を利用し、水城ICを出て南下し6.4㎞先の高雄交差点を左折。3㎞進み、吉木公民館前を右折、3㎞先左折しコースへ。九州自動車道・筑紫野ICからは386号線を直進し、6㎞先の山家道交差点を左折、2.3㎞先の桜谷射撃場交差点を左折し、1.8㎞にて右折しコースへ。

ツイッターリスト
ページの先頭へ